So-net無料ブログ作成

第9クール3ヶ月で英語脳構築 65/90  (英語)服を着なさい!,靴を脱ぎなさい! [どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか]

 

英語ほど簡単な言葉はない」とひとまとまりの行為・状態論
幼い子供が以下のように表現したら気持ちが悪い。
 You might as well be careful.
 あなた、注意した方がいいかもしれませんよ
 You might as well take off your shoes!
 あなた、靴を脱いだ方がいいかもしれませんよ

逆に大人が子供に向かってこんな表現は使わない。このことは日本語であろうと英語であろうと何ら異ならない。言葉というものは、直接的な表現が基礎となって、情報豊かな表現へと発展する。これは当然のことだ。従って命令表現は直接的な表現の典型的なものだ。
 Be careful!
 注意しなさい
 Take off your shoes!
 靴を脱ぎなさい、靴を脱いでください
しかし、この命令表現(命令形)の本質的な意味がわかっていない。これは教育文法の「命令形は動詞の原形で始まる」なり、といった説明をしているからだ。
英語発想からすると、命令形は未来形での表現である。
つまり、命令表現というものは、「今はそうではないが注意しなさい、靴を脱ぎなさい」といった意味を持っている。
従って、英語の応答では以下のようになっている。
 Be careful! Yes, I will (be careful).
 Take off your shoes! Yes, I will (take off my shoes).


ここで、命令形はもちろんのこと、あるいは助動詞willも原形動詞フレーズを導くのかについて述べたい。私はずっと以前に著した話せる・使える英語のしくみ」」日本実業出版社で以下のように説明した。クリックすると動画が
原形動詞フレーズは、「映像世界」だ。つまり「
注意する、靴を脱ぐ」といった状態や行為を映像のように頭に描いての表現だということだ。
したがって、助動詞や前置詞toが原形動詞フレーズを導くのは同じ発想なのだ。
 You are to be quiet!
 You must be quiet! 静かにしなければならない
 You should be quiet! 静かにすべきだ
 You have to be quiet! 静かにしなければならない
 You have only to be quiet! 静かにするだけでいい

 You are to take off my shoes!
 You must take off my shoes! 静かにしなければならない
 You should take off my shoes! 静かにすべきだ
 You have to take off my shoes! 静かにしなければならない
 You have only to take off my shoes! 静かにするだけでいい

さらに、このbe動詞系列の表現でどうしても指摘しておきたいことがある。
くり返して述べるが、命令形は未来形だ。しかし日本語の発想では未来の表現では以下のような「する」などと一般動詞のような表現となっている。しかしこれは日本語の発想、日本語の事情に過ぎない。
何度も指摘しているが、「英語はそのままとらえるべきだ」ということだ。

【イメトレ No.9】
    子どもの頃よく耳にする命令 (1)
(1) もっと注意しなさい!
(2)  他人には親切にしなさい! やさしくしなさい!
(3) ちょっとの間、静かなしなさい!
(4) まじめにしなさい!
(5) さっさとやりなさい!
 先に、言葉というものは、直接的な表現が基礎となって、情報豊かな表現へと発展する、と述べたがその例をあげておくことにする。
Be careful, Take careはto+原形動詞フレーズを導いて、その内容を表現することができる。
 Be careful not to slip on the icy sidewalk!   
 凍った歩道で滑ってころばないように注意しなさい!
 Be careful not to catch cold!
   風邪をひかないように注意しなさい!

 Take carel not to slip on the icy sidewalk!   
 凍った歩道で滑ってころばないように注意しなさい!
 Take carel not to catch cold!
   風邪をひかないように注意しなさい!

ここで、今回の【イメトレ No.9】にあげられている原形動詞フレーズをご覧ください。ここでは、命令形となっているが。この原形動詞フレーズが様々な表現に展開していく、これが英語発想を元にする英会話学習だ。
Be good!Be a bit more intelligent!、Be reasonable! などと英語表現ができないのに、以下のような表現へと進むことできないということだ。
ここでもくり返すこととになるが、英語は簡単なフレーズ(意味ある単位)で覚え、それを英語発想に従って英作するトレーニングが必要だということだ。
イメトレ英語学習法では以下の文例は、ネイティブの音声で流れるが、これらの文例をそのまま丸暗記して終わりではないことを確認してしてほしい

● あなたも英語における映像世界を追体験してください

41ページから【イメトレNo.9】【イメトレNo.10】にあげた命令文を見てほしい。断っておくが、ここに登場しているフレーズの多くは、ネイティブの子どもが2,3歳で耳にする表現だ。
また一方の日本語訳を見てほしい。これらも当然、私たちが子どもの頃耳にしたものはかりだ。子どもは文法も理屈もなく、とにかく生活の中で言葉を覚えていく。彼らが毎日耳にする英語のシャワーは、実はこのようなものだ。

● 言葉はフレーズで覚えなければ定着・蓄積しない
大切なことは、ネイティブの子どもたちも単語一つ一つではなく、始めから言葉をひとまとまりのもの、つまりフレーズ*として覚えてしまうことだ。日本の英語教育はこの視点が欠けているから、私たちはいつまでも英語が言葉として定着、蓄積していかないのだ、
*フレーズとは「意味ある言葉の単位」を表す。
=============================

今回の【今日の学習】に移ろう。

PART 1 ワンフレーズ表現こそが言葉の基本
 CHAPTER 1 言葉の習得はオウム返しで始まる ---16
 CHAPTER 2 好き嫌いは子供の最大興味 ---29
 CHAPTER 3 子供は命令形でことばを身につける ---39
【イメトレ No.9】
子どもの頃よく耳にする命令 (1)

(7) Be good (while I'm away)!
   (私が留守の間) いい子にしていなさいね!
(8) Be a bit more intelligent!
   もう少し、頭を使いなさい!
(9) Be reasonable, Tom!
   トム、道理をわきまえなさい

【イメトレ No.10】
子どもの頃よく耳にする命令 (2)
(11) Take off your shoes!
  靴を脱ぎなさい!
(12) Get dressed!
  服を着なさい!
(13) Get ready!
  用意しなさい!
(14) Pick up the toys!
  おもちゃを拾いなさい!

ネイティブスピーカーによる 英会話イメージトレーニング゜No1~No,2
以下の動画は,「イメトレ英語学習法」からの音声からの抜粋です。


【筋肉増強コーナー】
当講座受講されている方は、 副教材話すためのたったこれだけ英文法をお読み下さい。

当講座主教材「オウム返し英会話学習法」には100のオウム返しトレーニングには【情報ボックス欄が置かれている。これは以下のようなフレーズをとりあげている。具体的な英文生産のためだ。

【お知らせ】
「世界標準の英作法」がバージョンアップします。英語を話すためのたったこれだけ英文法」の動画とコラボし、英語標準をさらに豊かにするためです例えば、今回の動画はこの動画の解説に登場する「限定詞」についての5つの動画に対応しています。「英文読解のための」日本の英語教育にはほとんど登場しないものです。


英語を話すためのたったこれだけ英文法 その1 英語の名詞のとらえ方(1)

英語を話すためのたったこれだけ英文法 その4 英語の名詞のとらえ方(4)

以下は当オンライン講座の3つのプロモーション動画のシリーズです。
合計12の動画が体験していただけます。


◎今まで利用してしただいた「
DLmarket」は利用できなくなりました。クレジットカード決済などご利用は以下の決済システムを利用してください。
クレジットカード決済/コンビニ決済・Pay-easy/銀行振込/ドコモ ケータイ払い  /auかんたん決済/au WALLET
このBASEには、CONTACT画面があので教材内容などをお問い合わせください。このメールアドレスなどを第三者に漏らすことも、電話勧誘をしたり、再度当研究会から勧誘メールは送りません。ご安心ください。 
https://function2.thebase.in


ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座
以下の教材を購入いただいた方には、無料で講座の受講ができます。
以下の教材を鵜入頂いた方には、同時に「ユーザー名」「パスワード」をお送りします。

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料),日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき),,ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版.ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき),日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき) ,英語の九九 英会話発想トレーニング HTMLコミニカ中学英語<基礎編>Bセット,版,コミニカ中学英語<基礎編>団体使用,,コミニカ中学英語<基礎編> Aセット,ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5
現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。

スポンサードリンク


Click ファンクションメソッド英語研究会発行全教材詳細解説

以下の先頭の3つの動画はファンクションメソッドの基本を中嶋が直接に説明したU-Tubeで大好評を得た動画です。あなたの英会話学習シーンが確実に変わります。
     
     
     
     

[当研究会からのお知らせ]
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ファンクションメソッド研究会

スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

目からウロコの英会話発想トレーニング その6 (英語で)この企画の担当者です [ファンクションメソッド「世界標準の英作法]



年号が「令和」に変わろうとしているとき、一人だも多くの方に「英会話は本当に簡単だ」ということを実感してほしいと私は願っている。
連休を前にして、「目からウロコの英会話発想トレーニング」を名づけて、この数日間にこのトレーニング公開することを決めた。ぜひとも英語発想を実感していただきたい。
英語の基本的な「4つの基本時制の表現展開」について述べていく。

肯定、否定、疑問表現,否定疑問,疑問詞付きの疑問表現などの表現展開

第2節 過去の一時点のことを表す過去形とは
【ポイント】英語の発想では千年前でも数秒前でも過去は過去
過去時制は過去の事実などを表します。
   I was busy at that time.
   私は、その時忙しかったです
   I wanted some water last night.
   私は、昨晩水が欲しかったです
   She took a walk this morning.
   彼女は、今朝散歩をしました 

ここでもbe動詞と、一般動詞の系列の文ををわけて説明します。
[1] was, wereが支配するbe動詞の場合
過去形においても、be動詞が導く4つの補語のタイプは同じです。
(1) I was happy. (補語が形容詞)
  私は、幸せでした
(2) I was a good singer. (補語が名詞)
  私は、歌が上手でした
(3) I was home. (補語が方位副詞)
  私は、在宅していました
(4) I was at the station. (補語が前置詞+名詞)
  私は、駅にいました

■文法を生かして英語表現を■
(1) This was the main road in those days.
  これは、当時の主要道路でした
 (2) Aren't they alone?
  彼らは、孤独ではなかったですか? 
(3) She was afraid of the dog
  彼女は、犬を怖がっていました
(4) His wife was an excellent cook, wasn't she?
  彼の奥さんは、料理がとてもうまかったね
(5) He was a good judge of character
  彼は、人の性格を見抜くのがうまかったよ
(6) We weren't at a meeting.
  私たちは会議に出席していませんでした
(7) We were in New York on vacation.
  私たち、休暇でニューヨークにいました
(8) Was I really in Paris?
  私、本当にパリにいたの?
(9) I wasn't in charge of this project last year.
  私は昨年、この企画の担当者ではなかった
 (10) Wasn't I in the wrong?
  私、間違っていなかったですか?
==============================

【be動詞 フレーズ5段活用】
 be in charge of this project 「この企画の担当者です」
=============================
(1) (am, are, is) in charge of this project  現在形動詞フレーズ 
(2) (was, were) in charge of this project  過去形動詞フレーズ 
(3) be in charge of this project       原形動詞フレーズ
※命令形,助動詞(情緒表現)、to不定詞で使われる。
(4) being in charge of this project      ing形動詞フレーズ
※基本的に進行形にはなり ません。動名詞になります
(5) been in charge of this project      ed形動詞フレーズ 
※ 完了形で使われる。  
=============================

 (1) 現在形 現在の事実
   I am in charge of this project. 
   私、この企画の担当者です
   I am not in charge of this project. 
   私、この企画の担当者ではない
   Are you in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者ですか?
   Aren't you in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者ではないの?
 (2) 過去形 過去事実
   I was in charge of this project. 
   私、(その時)この企画の担当者でした
   I was not in charge of this project. 
   私、この企画の担当者ではなかった
   Were you in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者だったの?
   Weren't you in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者ではなかったの?
 (3) 未来形 未来の事実
   I will be in charge of this project. 
   私、(これから)この企画の担当者になります
   I won't be in charge of this project. 
   私、この企画の担当者にはなりません
   Will you in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者になるの?
   Won't you in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者にならないの?
 (4) 現在完了形 過去の状態を背負った現在の事実
   I have ever been in charge of this project. 
   私、(かつて)この企画の担当者でした
   I have never been in charge of this project. 
   私、一度もこの企画の担当者ではなかった
   Have you ever
 been in charge of this project?
   あなた、かつてこの企画の担当者だったの?
   Haven't you ever been in charge of this project?
   あなた、この企画の担当者ではなかったの?

以下は「情緒表題」だ。 
(1) 助動詞を使った使ったファンクションフレーズ
   She may be in charge of this project. 
   彼女、この企画の担当者かもしれない
   She can be in charge of this project. 
   彼女、この企画の担当者のはずだ
   She must be in charge of this project. 
   彼女、この企画の担当者に違いない
(2) be動詞系列ファンクションフレーズ
   She is going to be in charge of this project. 
   彼女、この企画の担当者になるようだ
   She is sure to be in charge of this project. 
   彼女、きっとこの企画の担当者だ
(3) 一般動詞系列ファンクションフレーズ
   She seems to be in charge of this project. 
   彼女、この企画の担当者のようだ
   She doesn't seem to be in charge of this project. 
   彼女、この企画の担当者ではないようだ
(4) 助動詞と完了形が結びついたファンクションフレーズ
  ※日本語訳に「今考えてみると」と入れてイメージしてください。

   I would have been in charge of this project. 
   私、この企画の担当者になるつもりだった
   I might have been in charge of this project. 
   私、この企画の担当者になったかもしない
   I didn't want to have been in charge of this project. 
   私、この企画の担当者になりたくなかった

【お知らせ】
「世界標準の英作法」がバージョンアップします。英語を話すためのたったこれだけ英文法」の動画とコラボし、英語標準をさらに豊かにするためです例えば、今回の動画はこの動画の解説に登場する「限定詞」についての5つの動画に対応しています。「英文読解のための」日本の英語教育にはほとんど登場しないものです。

英語を話すためのたったこれだけ英文法 その17英語の形容詞のとらえ方(10)


教育文法で自由に英語が話せない、あるいは語彙が増加しない、当たり前のことです.ことばはフレーズで覚えなければ、語彙として定着・蓄積しません。英語のしくみはとても簡単だということを知って欲しい。
ファンクションメソッドによる教材は、「英語のしくみ・発想を学ぶもの」と「語彙力増強のもの」の2つがあります。いずれもファンクションフレーズと補語・動詞フレーズは2色で表記しているのが大きな特色です.

ちなみに、「コミニカ中学英語基礎編」や「英語トレーニング」や他の教材はこの英語発想をコンセプトにして製作しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブログで「世界水準の英作法」を配信して以来、ファンクションメソッドに注目する方が目に見えて増えてきました。受講され方も多くなっています。そんな方たちにぜひともご覧頂きたい動画がこれら2つの動画のシリーズです
中央には「英会話の基礎的な英語発想」について18、右に「よく働く16の動詞」について述べた25の動画が含まれてます。いずれも今後の当講座の「水先案内」の役目を果たします。これらの動画は音声だけで、登場する英文などはブログの記事に対応しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  【お知らせ】
ファンクションソッド「世界標準」の英作法

この講座は、ブログに展開した英作文のすべてを同じブログの記事にあるアドレスをクリックすることで簡単に答え合わせが可能です。当研究会が配信している各ブログ「日本人だけがどうして英語が話せないのか?」や「世界標準」の英作法の記事に対応します。
講座は土、日を除く平日配信で、受講期間は6ヶ月です。講座受講費(登録料)は4,800円です)
専用のブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!
但し、この記事を見ることができるのは、こちらからお送りした「ユーザー名」「パスワード」が必要です。

現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。詳細は以下で
https://cominica.cart.fc2.com/ca30/141/p-r-s/

ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座
以下の教材を購入いただいた方には、無料で講座の受講ができます。
以下の教材を鵜入頂いた方には、同時に「ユーザー名」「パスワード」をお送りします。

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料),日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき),,ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版.ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき),日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき) ,英語の九九 英会話発想トレーニング HTMLコミニカ中学英語<基礎編>Bセット,版,コミニカ中学英語<基礎編>団体使用,,コミニカ中学英語<基礎編> Aセット,ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5
現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。


◎当研究会ショッビングカートにての販売
 https://cominica.cart.fc2.com/
◎今まで利用してしただいた「DLmarket」は利用できなくなりました。
クレジットカード決済などご利用は以下の決済システムを利用してください。
クレジットカード決済/コンビニ決済・Pay-easy/銀行振込/ドコモ ケータイ払い  /auかんたん決済/au WALLET
このBASEには、CONTACT画面があので教材内容などをお問い合わせください。このメールアドレスなどを第三者に漏らすことも、電話勧誘をしたり、再度当研究会から勧誘メールは送りません。ご安心ください。 
https://function2.thebase.in


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村
スポンサードリンク


Click ファンクションメソッド英語研究会発行全教材詳細解説

ファンクションメソッッド動画
     
     
     
     


[当研究会からのお知らせ]
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

ファンクションメソッド研究会

スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

2019年04月28日のつぶやき 2019/04/29 [ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞HTML]


スポンサードリンク

nice!(0)