So-net無料ブログ作成
ファンクションメソッドとは ブログトップ
前の10件 | -

(英語)過去を表すファンクションフレーズ [ファンクションメソッドとは]



[今日の学習]

今回は,過去を表すファンクションフレーズをとりあげました。
英語ほどシンプルで合理的な仕組みをしている言語はないのに,日本人は英語音痴にされています。
その原因は教育文法であり、それを焼き直した市販の英会話本にあります。
どうしていくら英会話学習をしても語彙がいつまでも定着・蓄積しない。結果「役に立つ日常英会話表現」といったセリフを丸暗記したり、音声を聞いていたらいつの間にか英語脳になる、といったおよそ信じられない学習を続ける有様です。

私はこのブログでファンクションメソッドこそが、「世界水準、国際水準の英会話学習法」だと述べてきました。
具体的に説明しましょう。
教育文法は、常に動詞単体の変化として説明します。しかしそれではいつまでも英語など話せません。

 ○be動詞の変化 
 [1] 現在形   [2] 過去形  [3] 原形 [4] 現在分詞 [5] 過去分詞
  am, are, is  was, were  be    being   been 

 ○一般動詞のcall変化 
 [1] 現在形   [2] 過去形  [3] 原形 [4] 現在分詞 [5] 過去分詞
  call(s)     called   call   calling   called

ネイティブでもそうだし、私たちと同じ非英語圏の人たちは動詞単体の変化ではなく,動詞が導く補語や目的語をひとまとまりのもの、つまりフレーズとしてとらえ、それをどう使って実際に表現するか,そのトレーニングをするのが常識です。
どんな動詞フレーズも動詞の変化に応じて5つのパターンを持ちます。

  (1) 現在形動詞フレーズ (2) 過去形動詞フレーズ
  (3) 原形動詞フレーズ (4) ing形動詞フレーズ (5) ed形動詞フレーズ

以上の5つの動詞フレーズと結びついて,様々な表現展開をするのがファンクションメソッドによるテーブルです。
今回は,be動詞系列と一般動詞系列の現在形のテーブルをとりあげました。
つまり[1]から[6]のはbe動詞系列、[7]は一般動詞系列のものです。
今まで説明してきたように,肯定、否定,疑問,否定疑問、付加疑問などの表現がいとも簡単にできます。

「コミニカ中学英語基礎編」や「英語の九九 英会話発想トレーニング」が今までの教材とはまったく異なっているのは,この「行為や状態はひとまとまりのもの」という発想で貫かれていることにあります。

この発想がきちんと身につけば,[1]から[7]のパターンの語彙をどれだけ蓄積していくこととができるか、これが本当の英会話学習なのです。

○テーブルbe動詞 過去形
table-2


各[1]から[6]の(2)のフレーズのパターンが導かれます。

また、これらの教材では理解しやすいように,[1]は「ドンナだ文」、[2]は「ナニだ文」、[3]と[4]は「あるいる文」、[5]と[6]は「動詞フレーズを使ったドンナだ文」としています。

 [1] be動詞+形容詞 孤独だ,独りぼっちだ
  (1) (am, are, is) alone  (2) (was, were) alone      
  (3) be alone  *(4) being alone  (5) been alone 

※肯定表現は[GROUP-A]、否定表現は[GROUP-B]、疑問表現は[GROUP-C]、否定疑問表現は[GROUP-C]のファンクションフレーズを使っています。以下すべて同じです。他の主語も試してください。
ただし、[2]のものだけは主語がWe,Theyなど複数形となると基本的に補語も複数形となります。We were cooks.

  She was alone. 孤独だったよ
  She wasn't alone. 孤独じゃなかったよ
  Was she alone? 孤独だったの?
  Wasn't she alone? 孤独じゃなかったの?

 [2] be動詞+名詞 料理人をしている
  (1) (am, are, is) a cook  (2) (was, were) a cook      
  (3) be a cook  *(4) being a cook  (5) been a cook  

  She was a cook. 料理人をしてたよ
  She wasn't a cook. 料理人をしてなかったよ
  Was she a cook? 料理人をしてたの?
  Wasn't she a cook? 料理人をしてなかったの?

 [3] be動詞+方位副詞 ここにいる
  (1) (am, are, is) here  (2) (was, were) here      
  (3) be here  *(4) being here  (5) been here 

  She was here. ここにいたよ
  She wasn't here. ここにいなかったよ
  Was she here? ここにいたの?
  Wasn't she here? ここにいなかったの? 

 [4] be動詞+前置詞+名詞 入院している
  (1) (am, are, is) in hospital  (2) (was, were) in hospital      
  (3) be in hospital  *(4) being in hospital  (5) been in hospital 

  She was in hospital. 入院してたよ
  She wasn't in hospital. 入院してなかったよ
  Was she in hospital? 入院してたの?
  Wasn't she in hospital? 入院してなかったの? 

 [5] be動詞+ing形動詞フレーズ(進行形) 彼女に電話している
  (1) (am, are, is) calling her  (2) (was, were) calling her      
  (3) be calling her  *(4) being calling her  (5) been calling her 

  She was calling him. 彼に電話してたよ
  She wasn't calling him. 彼に電話してなかったよ
  Was she calling him? 彼に電話してたの?
  Wasn't she calling him? 彼に電話してなかったの? 

 [6] be動詞+ed形動詞フレーズ(受身形) 彼女に電話をもらう
  (1) (am, are, is) called by her  (2) (was, were) called by her      
  (3) be called by her  ※(4) being called by her  (5) been called by her 

  She was called by him. 彼に電話もらってたよ
  She wasn't called by him. 彼に電話もらってなかったよ
  Was she called by him? 彼に電話もらってたの?
  Wasn't she called by him? 彼に電話もらってなかったの? 

○テーブル一般動詞 過去形
table-1

 
[7]の(2)のフレーズのパターンが導かれます。

 [7] 一般動詞 VO感覚 彼女に電話する
  (1) call(s) her  (2) called her      
  (3) call her  (4) calling her  (5) called her  

  She called him. 彼に電話したよ
  She didn't call him. 彼に電話してなかったよ
  Did she call him? 彼に電話したの?
  Didn't she call him? 彼に電話しなかったの? 

続く

スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(英語)未来形のファンクションフレーズ [ファンクションメソッドとは]




[今日の学習]

今回は,未来形のファンクションフレーズの学習となります。
英語ほどシンプルで合理的な仕組みをしている言語はないのに,日本人は英語音痴にされています。
その原因は教育文法であり、それを焼き直した市販の文法本にあります。

ネイティブでもそうだし、私たちと同じ非英語圏の人たちは動詞単体の変化ではなく,動詞が導く補語や目的語をひとまとまりのもの、つまりフレーズとしてとらえのが常識です。
どんな動詞フレーズも動詞の変化に応じて5つのパターンを持ちます。

  (1) 現在形動詞フレーズ (2) 過去形動詞フレーズ
  (3) 原形動詞フレーズ (4) ing形動詞フレーズ (5) ed形動詞フレーズ

以上の5つの動詞フレーズと結びついて,様々な表現展開をするのがファンクションメソッドによるテーブルです。
今回は,be動詞系列の未来形のテーブルをとりあげました。
つまり[1]から[6]のものはすべてこのテーブルで処理できます。
ここでは、肯定、否定,疑問,否定疑問、付加疑問などの表現がいとも簡単にできます。

この「ネイティブが選んだ62動詞HTML版」や「サクサク瞬間英作」が他の教材とはまったく異なっているのは,この「行為や状態はひとまとまりのもの」という発想で貫かれていることにあります。

この発想がきちんと身につけば,[1]から[7]のパターンの語彙をどれだけ蓄積していくこととができるか、これが本当の英会話学習なのです。

○テーブルbe動詞・一般動詞共通 未来形
table-3


各[1]から[7]の(3)のフレーズのパターンが導かれます。

 [1] be動詞+形容詞 孤独だ,独りぼっちだ
  (1) (am, are, is) alone  (2) (was, were) alone      
  (3) be alone  *(4) being alone  (5) been alone 

※肯定表現は[GROUP-A]、否定表現は[GROUP-B]、疑問表現は[GROUP-C]、否定疑問表現は[GROUP-C]のファンクションフレーズを使っています。以下すべて同じです。他の主語も試してください。
ただし、[2]のものだけは主語がWe,Theyなど複数形となると基本的に補語も複数形となります。We will be cooks.

  She will be alone. 孤独になるよ
  She won't be alone. 孤独にならないよ
  Will she be alone? 孤独になるの?
  Won't she be alone? 孤独にならないの?

 [2] be動詞+名詞 料理人をしている
  (1) (am, are, is) a cook  (2) (was, were) a cook      
  (3) be a cook  *(4) being a cook  (5) been a cook  

  She will be a cook. 料理人になるよ
  She won't be a cook. 料理人にならないよ
  Will she be a cook? 料理人になるの?
  Won't she be a cook? 料理人にならないの?

 [3] be動詞+方位副詞 ここにいる
  (1) (am, are, is) here  (2) (was, were) here      
  (3) be here  *(4) being here  (5) been here 

  She will be here. ここにいるつもりよ
  She won't be here. ここにいるつもりはないよ
  Will she be here? ここにいるつもりなの?
  Won't she be here? ここにいるつもりしないの? 

 [4] be動詞+前置詞+名詞 入院している
  (1) (am, are, is) in hospital  (2) (was, were) in hospital      
  (3) be in hospital  *(4) being in hospital  (5) been in hospital 

  She will be in hospital. (これから)入院するよ
  She won't be in hospital. 入院しないよ
  Will she be in hospital? 入院するの?
  Won't she be in hospital? 入院しないの? 

※未来形では,go into hospitalを使うこともあります。

 [5] be動詞+ing形動詞フレーズ(進行形) 彼女に電話している
  (1) (am, are, is) calling her  (2) (was, were) calling her      
  (3) be calling her  *(4) being calling her  (5) been calling her 

  She will be calling him. (これから)彼に電話しつづけるよ
  She won't be calling him. 彼に電話し続けないよ
  Will she be calling him? 彼に電話し続けるの?
  Wonn't she be calling him? 彼に電話し続けないの? 

 [6] be動詞+ed形動詞フレーズ(受身形) 彼女に電話をもらう
  (1) (am, are, is) called by her  (2) (was, were) called by her      
  (3) be called by her  ※(4) being called by her  (5) been called by her 

  She will be called by him. (これから)彼に電話もらうよ
  She won't be called by him. 彼に電話もらわないよ
  Will she be called by him? 彼に電話もらわないの?
  Won't she be called by him? 彼に電話もらわないの? 

 [7] 一般動詞 VO感覚 彼女に電話する
  (1) call(s) her  (2) called her      
  (3) call her  (4) calling her  (5) called her  

  She will call him. (これから)彼に電話するつもりよ
  She won't call him. 彼に電話するつもりはないよ
  Will she call him? 彼に電話するつつもりなの?
  Won't she call him? 彼に電話するつもりはないの? 

willを使った未来表現は,他の情緒動詞may,can,mustなどの表現につながります。いずれも(3)のフレーズ,つまり原形動詞フレーズを導きます。

  She may be alone. 孤独になるかもしれないよ
  She may not be alone. 孤独にならないかもしれないよ

  She may be a cook. 料理人になかもよ
  She may not be a cook. 料理人にならないかもよ

  She may be here. ここにいるかもよ
  She may not be here. ここにいないかもよ

  She may be in hospital. (これから)入院するかもよ
  She may not be in hospital. 入院しないかもよ
※ go into hospital

  She may be calling him. 彼に電話し続けるかもよ
  She may not be calling him. 彼に電話し続けないかもよ

  She may be called by him. (これから)彼に電話されるかもよ
  She may not be called by him. 彼に電話されないかもよ

  She may call him. (これから)彼に電話するかもよ
  She may not call him. 彼に電話しないかもよ
        
明日に続きます。明日は現在完了表現です。

スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(英語)現在完了形のファンクションフレーズ [ファンクションメソッドとは]





[今日の学習]

今回は,4つの基本時制のうちの最終となる,現在完了形のファンクションフレーズの学習となります。
ただし、ここには現在完了進行形や現在完了受身形など中学英語の範囲にしいらないものもありますが,英語の発想ではこれらは簡単なことです。

英語ほどシンプルで合理的な仕組みをしている言語はないのに,日本人は英語音痴にされています。その原因は教育文法であり、それを焼き直した市販の文法本にあります。

ネイティブでもそうだし、私たちと同じ非英語圏の人たちは動詞単体の変化ではなく,動詞が導く補語や目的語をひとまとまりのもの、つまりフレーズとしてとらえのが常識です。
どんな動詞フレーズも動詞の変化に応じて5つのパターンを持ちます。

  (1) 現在形動詞フレーズ (2) 過去形動詞フレーズ
  (3) 原形動詞フレーズ (4) ing形動詞フレーズ (5) ed形動詞フレーズ

以上の5つの動詞フレーズと結びついて,様々な表現展開をするのがファンクションメソッドによるテーブルです。
今回は,be動詞系列の現在完了形のテーブルをとりあげました。
つまり[1]から[6]のものはすべてこのテーブルで処理できます。
ここでは、肯定、否定,疑問,否定疑問、付加疑問などの表現がいとも簡単にできます。

この「ネイティブが選んだ62動詞HTML版」や「サクサク瞬間英作」が他の教材とはまったく異なっているのは,この「行為や状態はひとまとまりのもの」という発想で貫かれていることにあります。

この発想がきちんと身につけば,[1]から[7]のパターンの語彙をどれだけ蓄積していくこととができるか、これが本当の英会話学習なのです。

○テーブルbe動詞・一般動詞共通 現在完了形
table-4


現在完了形は,過去を背負った現在の状況を表します。
未来形が「未来」の意味,現在完了形は「過去との関わり」を表します。
また現在完了には,「継続」「経験」「結果,完了」の3つの用法がありますが,ここではbe動詞系列については「継続」の意味を,一般動詞takeについては「経験」の日本語訳をつけています。

各[1]から[7]の(4)のフレーズのパターンが導かれます。

 [1] be動詞+形容詞 孤独だ,独りぼっちだ
  (1) (am, are, is) alone  (2) (was, were) alone      
  (3) be alone  *(4) being alone  (5) been alone 

※肯定表現は[GROUP-A]、否定表現は[GROUP-B]、疑問表現は[GROUP-C]、否定疑問表現は[GROUP-C]のファンクションフレーズを使っています。以下すべて同じです。他の主語も試してください。
ただし、[2]のものだけは主語がWe,Theyなど複数形となると基本的に補語も複数形となります。We have been cooks. (2年前からずっと)料理人をしています。

  She has been alone. (ずっと)孤独だよ
  She hasn't been alone. 孤独じゃないよ
  Has she been alone? 孤独なの?
  Hasn't she been alone? 孤独じゃないの?
※「経験」では,「孤独だったことがあるよ」などの意味に。

 [2] be動詞+名詞 料理人をしている
  (1) (am, are, is) a cook  (2) (was, were) a cook      
  (3) be a cook  *(4) being a cook  (5) been a cook  

  She has been a cook. (ずっと)料理人をしてるよ
  She hasn't been a cook. 料理人をしてないよ
  Has she been a cook? 料理人をしてるの?
  Hasn't she been a cook? 料理人をしてないの?
※「経験」では,「料理人をしたことがあるよ」などの意味に。

 [3] be動詞+方位副詞 ここにいる
  (1) (am, are, is) here  (2) (was, were) here      
  (3) be here  *(4) being here  (5) been here 

  She has been here. (ずっと)ここにいるよ
  She hasn't been here. ここにいないよ
  Has she been here? ここにいるの?
  Hasn't she been here? ここにいないの? 
※「経験」では,「ここにいた(来た)ことがあるよ」などの意味に。

 [4] be動詞+前置詞+名詞 入院している
  (1) (am, are, is) in hospital  (2) (was, were) in hospital      
  (3) be in hospital  *(4) being in hospital  (5) been in hospital 

  She has been in hospital. (ずっと)入院してるよ
  She hasn't been in hospital. 入院してないよ
  Has she been in hospital? 入院してるの?
  Hasn't she been in hospital? 入院してないの? 
※「経験」では,「入院したことがあるよ」などの意味に。

 [5] be動詞+ing形動詞フレーズ(進行形) 彼女に電話している
  (1) (am, are, is) calling her  (2) (was, were) calling her      
  (3) be calling her  *(4) being calling her  (5) been calling her 

  She has been calling him. (今までずっと)彼に電話し続けてきたよ
  She hasn't been calling him. 彼に電話し続けてないよ
  Has she been calling him? 彼に電話し続けてきたの?
  Wonn't she been calling him? 彼に電話し続けてこなかったの? 
※以上が現在完了進行形というものです。意味はすべて「継続」です。

 [6] be動詞+ed形動詞フレーズ(受身形) 彼女に電話をもらう
  (1) (am, are, is) called by her  (2) (was, were) called by her      
  (3) be called by her  ※(4) being called by her  (5) been called by her 

  She has been called by him. (今まで)彼に電話もらったことがあるよ
  She has never been called by him. 彼に電話もらったことはないよ
  Has she been called by him? 彼に電話もらったことがあるの?
  Hasn't she been called by him? 彼に電話もらったことはないの? 
※日本語訳は「経験」にしました。

 [7] 一般動詞 VO感覚 彼女に電話する
  (1) call(s) her  (2) called her      
  (3) call her  (4) calling her  (5) called her  

  She has called him. (今まで)彼に電話したことがあるよ
  She has never called him. 彼に電話したことはないよ
  Has she called him? 彼に電話したことがあるの?
  Hasn't she called him? 彼に電話したことはないの? 
※日本語訳は「経験」にしました。
※「完了・結果」では,「もう彼に電話したところよ」などの意味に。

スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

日本人だけが英語を話せないその理由 (1) [ファンクションメソッドとは]

 ファンクションメソッド英語研究会 動画リスト

[日本人だけが英語を話せないその理由 (1)]

【なぜファンクションメソッドが脚光を浴びているのか!!】

 今回の記事は、以下のブログで音声解説付きでご覧になれます。
クリックしてください。

  ブログ [日本人だけが英語を話せないその理由 (1)

結論を先に言えば、「英語のしくみがそうであれば、そのまま受け入れなければならない」のは当たりのことだからです。
これが世界の誰もがやっていることなのです。
日本人だけが英語を話せないというのは、この当たり前のことを無視しているからです。

※これは余談ですが、以下の【グループA】の文例を書くのに、ワープロの「置き換え」機能を使っています。簡単に文例が書き変わります。
その理由は英語のしくみはシンブルだからです。

----------例 1 ----------------------

例えば、英語で表現する場合、rain a lot(たくさん雨が降る)をそのまま覚えてしまい、それをどのように運用するか、これが世界中で行われている学習法です。

 rain a little, rain hard, rain heavily, rain all day, rain all night, rain harder, rain more heavily,etc.

具体的には以下のようにとらえるのが「英語のしくみ」です。まずファンクションフレーズを宣言し、続いて動詞・補語フレーズを続けるということです。

【グループA】
(1) It will -----> rain a lot
  (~だろう) (たくさん雨が降る)
 cf. Will it rain a lot?
   Yes, it will. / No, it won't.
(2) It may -----> rain a lot
  (~かもしれない) (たくさん雨が降る)
(3) It cannot -----> rain a lot
  (~はずはない) (たくさん雨が降る)
(4) It is going to -----> rain a lot
  (~だろう) (たくさん雨が降る) 
(5) It is likely to -----> rain a lot
  (~ようだ) (たくさん雨が降る)
(6) It is sure to -----> rain a lot
  (きっと~) (たくさん雨が降る)
(7) It seems to -----> rain a lot
  (~ようだ) (たくさん雨が降る) ※推測
(8) It is -----> raining a lot
  (~いる) (たくさん雨が降って)
 cf. Is it raining a lot?
   Yes, it is. / No, it isn't.
(9) It has -----> rained a lot
  (~ユウする) (たくさん雨が降った)
 cf. Has it rained a lot?
   Yes, it has. / No, it hasn't.

【グループB】  教育文法

※助動詞+動詞の原形 will rain, may rain
※(7) seem to+動詞の原形 seem to rain
※(8) 進行形はbe動詞+現在分詞 is raining
※(9) 完了形はhave[has}+過去分詞 has rained

(1) It will rain a lot.
   (雨が降るだろう) ←  (たくさん)
 cf. Will it rain a lot?
   Yes, it will. / No, it won't.
(2) It may rain a lot.
   (雨が降るかもしれない) ←  (たくさん)
(3) It cannot rain a lot.
   (雨が降るはずはない) ←  (たくさん)
(4) It is going to rain a lot.
  (雨が降るだろう) ←  (たくさん)
(5) It is likely to rain a lot.
  (雨が降るようだ) ←  (たくさん)
(6) It is sure to rain a lot.
  (きっと雨が降る) ←  (たくさん)
(7) It seems to rain a lot.
  (~ようだ) (雨が降る)  ←  (たくさん) ※推測
(8) It is raining a lot.
    (雨が降っている)  ←  (たくさん)
 cf. Is it raining a lot?
   Yes, it is. / No, it isn't.
(9) It has rained a lot.
   (雨が降った) ←  (たくさん)
 cf. Has it rained a lot?
   Yes, it has. / No, it hasn't.

rain a lotをrain a little(少し雨が降る)、snow a lot(たくさん雪が降る)などの表現へと拡大するできることは誰でも予想できると思います。
しかし「英語のしくみ」というのは、決してそんなことに留まっていません。
例 えば、上の文例のItをHe, She, Taro, Mr.Suzuki, Our bossなどに変え、rain a lotをcome soon(間もなくやって来る)、get married(結婚する)、get divorced(離婚する)、be promoted to a director (取締役に昇進する)に変えて表現してください。

----------例 2 ----------------------

【グループA】
(1) He will -----> come soon
  (彼は~だろう) (まもなくやって来る)
(2) He may -----> come soon
  (彼は~かもしれない) (まもなくやって来る)
(3) He cannot -----> come soon
  (彼は~はずはない) (まもなくやって来る)
(4) He is going to -----> come soon
  (彼は~だろう) (まもなくやって来る) 
(5) He is likely to -----> come soon
  (彼は~ようだ) (まもなくやって来る)
(6) He is sure to -----> come soon
  (きっと彼は) (まもなくやって来る)
(7) He seems to -----> come soon
  (彼は~ようだ) (まもなくやって来る) ※推測
(8) He is -----> coming soon
  (彼は~いる) (まもなくやって来る)
(9) He has -----> come soon
  (彼は~ユウする) (まもなくやって来た)

【グループB】

※助動詞+動詞の原形 will come, may come
※(7) seem to+動詞の原形 seem to come
※(8) 進行形はbe動詞+現在分詞 is coming
※(9) 完了形はhave[has}+過去分詞 has come

(1) He will come soon.
  彼は レ (来るだろう) ←  (まもなく)
(2) He may come soon.
  彼は レ (来るかもしれない) ←  (まもなく)
(3) He cannot come soon.
  彼は レ (来るはずはない) ←  (まもなく)
(4) He is going to come soon.
  彼は レ (来るだろう) ←  (まもなく)
(5) He is likely to come soon.
  彼は レ (来るようだ) ←  (まもなく)
(6) He is sure to come soon.
  彼は レ (きっと来る) ←  (まもなく)
(7) He seems to come soon.
  彼は レ (~ようだ) (来る)  ←  (まもなく) ※推測
(8) He is coming soon.
  彼は レ (来ようとしている)  ←  (まもなく)
(9) He has come soon.
  彼は レ (来たところです) ←  (まもなく)

----------例 3 ----------------------

【グループA】
(1) My dream will -----> come true
  (私の夢は~だろう) (実現する)
(2) My dream may -----> come true
  (私の夢は~かもしれない) (実現する)
(3) My dream cannot -----> come true
  (私の夢は~はずはない) (実現する)
(4) My dream is going to -----> come true
  (私の夢は~だろう) (実現する) 
(5) My dream is likely to -----> come true
  (私の夢は~ようだ) (実現する)
(6) My dream is sure to -----> come true
  (きっと私の夢は~だろう) (実現する)
(7) My dream seems to -----> come true
  (私の夢は~ようだ) (実現する) ※推測
(8) My dream is -----> coming true
  (私の夢は~ある) (実現しつつ、しながら)
(9) My dream has -----> come true
  (私の夢は~ユウする) (実現した)

【グループB】

※助動詞+動詞の原形 will come, may come
※(7) seem to+動詞の原形 seem to come
※(8) 進行形はbe動詞+現在分詞 is coming
※(9) 完了形はhave[has}+過去分詞 has come

(1) My dream will come true.
   私の夢は レ (なるだろう) ←  (本当に)
(2) My dream may come true.
   私の夢は レ (なるかもしれない) ←  (本当に)
(3) My dream cannot come true.
   私の夢は レ (なるはずはない) ←  (本当に)
(4) My dream is going to come true.
   私の夢は レ (なるだろう) ←  (本当に)
(5) My dream is likely to come true.
   私の夢は レ (なるようだ) ←  (本当に)
(6) My dream is sure to come true.
   私の夢は レ (きっとなる) ←  (本当に)
(7) My dream seems to come true.
   私の夢は レ (~ようだ) (なる)  ←  (本当に) ※推測
(8) My dream is coming true.
   私の夢は レ (なろうとしている)  ←  (本当に)
(8) My dream has come true.
   私の夢は レ (なったところです) ←  (本当に)

----------例 4 ----------------------

be trusted(信頼される)、be cheated(騙される)、be injured(怪我をする)

【グループA】

(1) He will -----> be promoted to a director
  (彼は~だろう) (取締役に昇進する)
(2) He may -----> be promoted to a director
  (彼は~かもしれない) (取締役に昇進する)
(3) He cannot -----> be promoted to a director
  (彼は~はずはない) (取締役に昇進する)
(4) He is going to -----> be promoted to a director
  (彼は~だろう) (取締役に昇進する) 
(5) He is likely to -----> be promoted to a director
  (彼は~ようだ) (取締役に昇進する)
(6) He is sure to -----> be promoted to a director
  (きっと彼は) (取締役に昇進する)
(7) He seems to -----> be promoted to a director
  (彼は~ようだ) (取締役に昇進する) ※推測
(8) 進行形はナシ
(9) He has -----> been promoted to a director
  (彼は~ユウする) (取締役に昇進した)

【グループB】

※受身形は be動詞+過去分詞 is promoted
※助動詞+動詞の原形 will be, may be
※(7) seem to+動詞の原形 seem to be
※(8) 進行形はなし
※(9) 完了形はhave[has}+過去分詞 has been

(1) He will be promoted to a director.
   彼は レ (なるだろう) ← (昇進する) (取締役に)
(2) He may be promoted to a director.
   彼は レ (なるかもしれない) ←  (昇進する) (取締役に)
(3) He cannot be promoted to a director.
   彼は レ (なるはずはない) ←  (昇進する) (取締役に)
(4) He is going to be promoted to a director.
   彼は レ (なるだろう) ←  (昇進する) (取締役に)
(5) He is likely to be promoted to a director.
   彼は レ (なるようだ) ←  (昇進する) (取締役に)
(6) He is sure to be promoted to a director.
   彼は レ (きっとなる) ←  (昇進する) (取締役に)
(7) He seems to be promoted to a director.
   彼は レ (~ようだ) (なる)  ←  (昇進する) (取締役に) ※推測
(8) 進行形はナシ
(9) He has been promoted to a director.
   彼は レ (なったところです) ← (昇進する) (取締役に)

----------例 5 ----------------------

【グループA】
(1) It will -----> be rainy
  (~だろう) (雨模様になる)
 cf. Will it be rainy?
   Yes, it will. / No, it won't.
(2) It may -----> be rainy
  (~かもしれない) (雨模様になる)
(3) It cannot -----> be rainy
  (~はずはない) (雨模様になる)
(4) It is going to -----> be rainy
  (~だろう) (雨模様になる) 
(5) It is likely to -----> be rainy
  (~ようだ) (雨模様になる)
(6) It is sure to -----> be rainy
  (きっと~) (雨模様になる)
(7) It seems to -----> be rainy
  (~ようだ) (雨模様になる) ※推測
(8) 進行形はナシ
(9) It has -----> been rainy
  (~ユウする) (雨模様になった)
 cf. Has it been rainy?
   Yes, it has. / No, it hasn't.

 It has -----> been rainy for three days
 この3日間ずっと雨模様です

---------------------------------------

「英語を自由に話す」というのは、どれだけファンクションフレーズと動詞フレーズを覚えるかにかかっています。
当研究会では、「Holistic Approachによるワンランクアップの通信講座」を開催しています。入会は随時です。

  ブログ Holistic Approach英会話通信講座


ファンクションメソッド英語研究会カート

ファンクションメソッド英語研究会発行教材 ダウンロード販売
※DL-MARKETはデジタルコンテンツの日本最大級オープンマーケット
DL-MarketIpadなど
DL-MARKETの決済手段---クレジットカード決済、PayPal、楽天かんたん決済、銀行振込、コンビニ決済、Edy、Suica決済
ダウンロード販売話せる・使える英語のしくみ

☆☆ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本 ダウンロード販売☆☆
【電子書籍「ファンクションメソッド独習テキスト」(電子書籍版)】
電子書籍「自由に話すためのたったこれだけ英文法」
電子書籍「一週間で頭にしみ込むイディオム基本13動詞編」
電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」
電子書籍「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」(音声つき)
電子書籍「英語脳構築オウム返しトレーニング」(音声つき)
電子書籍「7つの動詞で身につける英語感覚!!」
電子書籍「九九のように覚える英会話」
電子書籍「英作文逆転の発想」
電子書籍「話せる・使える英語のしくみ」

ファンクションメソッド英語研究会HP


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(英語)どうして日本人は英語音痴なのか? [ファンクションメソッドとは]





[今日の学習]

どうして日本人は英語音痴なのか?

私たちと同じ非英語圏の人たちが当たり前のように使っているのは、動詞フレーズを「ひとまとまりの意味を持つもの」としてとらえる発想です。
私が最も影響を受けた本は,NEW HORIZON IN ENGLISHという本で、これはアメリカで売られているのですべて英語で書かれています。

この本に以下のようなまとめが載っています。

このブログでは再現がむずかしいですが。

---------------
     I      study
  Do  you    play tennis
     we    go dancing      every day?
     they    get up early
           make lunch
----------------    eat fish
     he    drink milk
  Does she     read the newspaper
     it     get dressed
----------------    watch TV    ---------------
     I      go to school     today?
     you     work         last night?
     we    go shopping      yesterday?
  Did  they    fly to France     last week?
      he                last year?
      she               this morning?
      it
-------------------------
   NEW HORIZON IN ENGLISH 2 P.60/Unit 6/ SIXTYより

どうですか。これが英語発想であり、世界水準なのです。
つまり私の言うファンクションフレーズと動詞フレーズとの組み合わせで英文は成り立っているということです。
その動詞フレーズをファンクションフレーズと組み合わせで場面に応じた様々な表現をする,これが世界水準です。

あなたは、英会話学習をいったい何年やっているのですか。
ドイツや中国,あるいはフィリピンの人たちに聞くとだいたい半年間くらいでそこそこ話せたと言います。後は「自分の努力」だというのです。
これこそが,基本さえできていたらファンクションフレーズと動詞フレーズをどんどん増やしていくというファンクションメソッドと符合します。
---------------
  study 勉強する
  play tennis テニスをする
  go dancing ダンスに行く
  get up early 早く起きる
  make lunch 昼食を作る
  eat fish 魚(料理)を食べる
  drink milk 牛乳を飲む
  read the newspaper 新聞を読む
  get dressed 服を着る
  get undressed 服を脱ぐ
  watch TV テレビを見る
  go to school 学校に行く
  work 歩く
  go shopping 買い物に行く 
   fly to France 飛行機でフランスに行く
  thank Bill ビルに感謝する

以下のファンクションフレーズに上の赤文字で示した動詞フレーズを〜にそのまま結びつけてください。

まず最も簡単なのは命令表現です。

  Please ~ 「どうか〜してください」
  Don't ~ 「〜してはダメよ」
  Let's ~ 「〜しましょう」

  I want to ~  「私は〜をしたい」
  I wanted to ~  「私は〜をしたかった」
  Do you want to ~ 「あなたは〜したいですか?」
  Don't you want to ~ 「あなたは〜したくないですか?」
  Did you want to ~ 「あなたは〜したかったですか?」

  I am going to ~ 「私は,〜するつもりです」
  I was going to ~ 「私は,〜するつもりでした」
  Are you going to ~ 「あなたは,〜するつもりですか?」
  Were you going to ~ 「あなたは,〜するつもりでしたか?」

  I have to ~  「私は〜をしなければならない」
  I had to ~  「私は〜をしなければならかった」
  Do you have to ~ 「あなたは〜しなけれはぱならないですか?」
  Don't you have to ~ 「あなたは〜する必要はないですか?」

  Be sure to ~ 「必ず〜してください」
  Don't forget to ~ 「〜するのを忘れないでください」

さて、ファンクションメソッドはファンクションフレーズと動詞フレーズの順列・組み合わせで文を生産するので,自由な会話ができます。
つまり学習時間に応じてファンクションフレーズと動詞フレーズが定着・蓄積していくことになります。これが最も効果的で。効率的な英語・英会話学習法です。

日常英会話必須基本16動詞HTML版や「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版」は、このメソッドによって製作されているので日常会話に不可欠なファンクションフレーズと16の動詞フレーズが学習できます。
スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(英語)続 どうして日本人は英語音痴なのか? [ファンクションメソッドとは]





[今日の学習]

どうして日本人は英語音痴なのか?

私たちと同じ非英語圏の人たちが当たり前のように使っているのは、動詞フレーズを「ひとまとまりの意味を持つもの」としてとらえる発想です。
その動詞フレーズをファンクションフレーズと組み合わせで場面に応じた様々な表現をする,これが世界(国際)水準です。

今回は、3つの非動詞フレーズの内、ing形動詞フレーズをとりあげました。ちなみに3つとは、前回の原形動詞フレーズ、そして今回のもの,後はed形動詞フレーズだけです。

原形動詞フレーズの動詞をing形にすると,簡単に「〜しながら」と形容詞のような働き(補語)となり、「〜しながらのこと」と名詞のような働き(動名詞)となります。


ここで大切なことは,動詞フレーズは「ひとまとまりの継続的な状態」を表すことになる,ということです。
どうして日本人は英語音痴なのか,簡単に英語が話せないのか,その理由は教育文法やそれを焼き直した英会話本にあります。具体的に説明しましょう。

教育文法には基本に5文型理論があります。

   I + play + tennis.
   S  V    O
   I + am playing + tennis.
   S   V      O

ここで注目していただきたいのは、playの進行形への変化はam playingだと説明するのです。だからbeは助動詞、playingは現在分詞という名前がつけられています。
確かに,こうすると日本語に訳すのは便利です。「私は」と主語を訳し,「テニスを」と目的語を訳し,後に戻って「している」と動詞部を訳せば日本語の完成です。

でもここに大きな落とし穴が3つあります。
まず、上のように「後戻り訳」をしないと英文の意味がとれないこと,これではListeningはできません。
次にplay tennisといった行儀のいいものでは簡単に見えますが,get up earlyだったらどうなりますか。

   I + get+ up early. (ふだん)早く起きています
   S  V 
   I + am getting + up early. (今)早く起きようとしています
   S  + V 

日本語に訳す場合,「私は」はいいとしても、up earlyの意味をどうとりますか。さらにam gettingの意味はどうしますか。またネイティブの生の会話では,Get up eaarly?とか、Getting up early?といったワンフレーズ表現をよくします。この場合be動詞はどこに行ったのでしょうか。

以下の例にはありませんが,彼らが日常生活で頻繁に使うTwo Word Verbsになったらこの5文型理論は完全にお手上げとなってしまう、これが最も大きな問題です。

  I +am taking + my shoes off.
  靴を脱ごうとしています
  I + am putting + my shoes on.
  靴を履こうとしています

こ れは5文型理論のうち,何型ですか。しかしそれを説明する人はありません。あるいはこれが進行形だとわかれば、何型であろうがいいではないかと言う人もい るでしょう。でもこれがTake your shoes off.などに対してTaking off my shoes.が対になっていることが抜け落ちてしまうことになります。
そして最後の問題点てす。この文は5文型の内,何型が聞かれたことがありますか。  

  I want to get up early. 早起きしたい
  I like getting up early. 早起きが好き

教育文法の信奉者はここで奥の手を出します。それは彼らの好きな文法用語です。前者は「to+動詞の原形」、つまりto不定詞,後者は動名詞と説明します。共にwantとlikeの目的語になる,と言うのです。しかしここで抜け落ちたのはやはりup earlyです。

ファンクションメソッドは、世界水準であり,英語の発想にもと続いています。それは「ひとまとまりの行為や状態は決して切り刻んではならない」ということです。

  I am getting up early.
  I am taking my shoes off.
  I am putting my shoes on.
  I want to get up early. 
  I like getting up early.

世界水準は,原形動詞フレーズをing形動詞フレーズへと変換します。
---------------
 study → studying 勉強する
 play tennis → playing tennis テニスをする
 go dancing → going dancing ダンスに行く
 get up early → getting up early 早く起きる
 make lunch → making lunch 昼食を作る
 eat fish → eating fish 魚(料理)を食べる
 drink milk → drinking milk 牛乳を飲む
 read the newspaper → reading the newspaper 新聞を読む
 get dressed → getting dressed 服を着る
 get undressed → getting undressed 服を脱ぐ
 watch TV → watching TV テレビを見る
 go to school → going to school 学校に行く
 work → working 歩く
 go shopping → going shopping 買い物に行く 
 fly to France → flying to France 飛行機でフランスに行く
 thank Bill → thanking Bill ビルに感謝する

ここで登場するのは,例のファンクションメソッドのテーブルです。

テーブルbe動詞 現在形
table-1

 
以上の動詞フレーズを以下のテーブルの[GROUP]に続けて文を生産してください。「今,〜している」「〜していない」「〜してるの?」「〜していないの?」「〜してるんでしょう」「〜してないのでしょう」といった現在進行形の文の生産ができます。

 (1) [GROUP-A]に続けると現在進行形の肯定形が
 (2) [GROUP-B]に続けると現在進行形の否定形が
 (3) [GROUP-C]に続けると現在進行形の疑問形が
 (4) [GROUP-D]に続けると現在進行形の否定疑問形が
 (5) [GROUP-A]と[GROUP-D]を使うと主文が肯定形の付加疑問形が
   [GROUP-B]と[GROUP-C]を使うと主文が否定形の付加疑問形が

テーブルbe動詞 過去形
table-2


以上の動詞フレーズを以下のテーブルの[GROUP]に続けて文を生産してください。「その時,〜していた」「〜していなかった」「〜してたの?」「〜していなかったの?」「〜してたのでしょう」「〜してなかったのでしょう」といった過去進行形の文の生産ができます。

 (1) [GROUP-A]に続けると過去進行形の肯定形が
 (2) [GROUP-B]に続けると過去進行形の否定形が
 (3) [GROUP-C]に続けると過去進行形の疑問形が
 (4) [GROUP-D]に続けると過去進行形の否定疑問形が
 (5) [GROUP-A]と[GROUP-D]を使うと主文が肯定形の付加疑問形が
   [GROUP-B]と[GROUP-C]を使うと主文が否定形の付加疑問形が

さて、ファンクションメソッドはファンクションフレーズと動詞フレーズの順列・組み合わせで文を生産するので,自由な会話ができます。

つまり学習時間に応じてファンクションフレーズと動詞フレーズが定着・蓄積していくことになります。これが最も効果的で。効率的な英語・英会話学習法です。

動名詞については次回に述べます。

スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

(英語)続々 どうして日本人は英語音痴なのか? [ファンクションメソッドとは]




教材を購入された方からのメールを紹介します

私は、1年半位前から英会話スクールに通っています。「映画が字幕なしで見たい、道を聞かれたときにスラスラ答えられたらいいな」位の軽い気持ちで通い始めました。すっかり学生時代のことは忘れており、1からの勉強でした。
徐々に話せるようには、なっているのですが、最初考えていたよりも、あまりにも進歩が遅いのでは?と自分では思っています。
スタッフに聞いても、先生に聞いても(先生は皆外人なので細かい意志の疎通がとれません)、具体的なアドバイスはなく、ただ、ボキャブラリーが足りないの1点ばりです。
それに、レベルアップが遅くないですか?と聞いても、平均的なレベルアップのされかたですので、問題ありませんと言われるだけです。


でも、私が望んでいるのはそんな答えではありません。具体的な勉強方法と確な手応えです。今まで自分で本を買っては覚える、発音はCDを聞いて覚える等して おりました。でも、丸暗記ですので、応用が効きません。それに丸暗記ばかりですので、ほとほと嫌気がさしてきて、学生時代と同様に英語アレルギーになりそ うです。

そちらではいろいろな教材を発行されていますが,語彙力増強のために「ネイティブに選んだ62動詞HTML版」を購入します。
オンライン講座はとても励みになります。今後もよろしくお願いします。
      岡山 Tさんより
-------------------------

[今日の学習]

どうして日本人は英語音痴なのか?

私たちと同じ非英語圏の人たちが当たり前のように使っているのは、動詞フレーズを「ひとまとまりの意味を持つもの」としてとらえる発想です。
その動詞フレーズをファンクションフレーズと組み合わせで場面に応じた様々な表現をする,これが世界(国際)水準です。

今回も、3つの非動詞フレーズの内、ing形動詞フレーズをとりあげました。ちなみに3つとは、前回の原形動詞フレーズ、そして今回のもの,後はed形動詞フレーズだけです。

原形動詞フレーズの動詞をing形にすると,簡単に「〜しながら」と形容詞のような働き(補語)となり、「〜しながらのこと」と名詞のような働き(動名詞)となります。
ここで大切なことは,動詞フレーズは「ひとまとまりの継続的な状態」を表すことになる,ということです。

  I am getting up early.
  I am taking my shoes off.
  I am putting my shoes on.
  I want to get up early.

ここでは「早く起きること」が「好きだ」ということです。
 
  I like getting up early.

つまり、「テニスが好きだ」とか「野球が好きだ」と言うこともありますが、もっとくわしく「テニスをするのが好きだ」とか「野球をするのが好きだ」と表現したいこともあります。あるいは「早く起きること」という名詞は英語にはありません。
この場合、動詞のフレーズを使わないと表現できない。これが文法で呼ばれる動名詞です。

ただ、教育文法では動名詞を「動詞のing形」としか説明しないことです。これでは英語が話せないし、さらに重要なことは進行形で使われるing形動詞フレーズと形としてはまったく変わらないことです。
ここでも教育文法は,進行形で使われるのは「現在分詞」だとすることです。つまりまったく連携を説明しないから日本人は英語音痴になるということです。

ネイティブの人たちは文法などわからなくても英語を話しています。
彼らは、ing形動詞フレーズを形容詞のように使えば「進行形」,名詞のように使えば「動名詞」ととらえているにすぎません

世界水準は,原形動詞フレーズをing形動詞フレーズへと変換します。
---------------
 study → studying 勉強する
 play tennis → playing tennis テニスをする
 go dancing → going dancing ダンスに行く
 get up early → getting up early 早く起きる
 make lunch → making lunch 昼食を作る
 eat fish → eating fish 魚(料理)を食べる
 drink milk → drinking milk 牛乳を飲む
 read the newspaper → reading the newspaper 新聞を読む
 get dressed → getting dressed 服を着る
 get undressed → getting undressed 服を脱ぐ
 watch TV → watching TV テレビを見る
 go to school → going to school 学校に行く
 work → working 歩く
 go shopping → going shopping 買い物に行く 
  fly to France → flying to France 飛行機でフランスに行く
  thank Bill → thanking Bill ビルに感謝する

いわゆる「動名詞」の表現は様々あります。

  I like playing tennis.
  I don't like playing tennis.
  Do you like playing tennis.
  Don't you like playing tennis?

  I am fond of playing tennis.
  I'm not fond playing tennis.
  Are you fond of playing tennis?
  Aren't you fond of playing tennis?

お気づきだと思いますが,例えばlikeを使う場合,上にあげたすべての動詞フレーズがそのまま当てはまるものではありません。
それは常識で判断してください。
例えば,getting undressedを「好きだ」というのは、草薙さんの趣味かもしれません。でもあれは警察の不当逮捕ですよね。

  What is his hobby?
  His hobby is getting undressed in the park.

さらにむずかしいことを言えば,日本人はbe動詞系列のing形動詞フレーズに極端に弱いということです。

 (1) I am sorry for being late.
   遅れてすみません
   I am late. → be late → being late
   遅れています
   ※ I don't want to be late.
     私は遅れたくない 未来志向
 (2) I want to go on being a nurse.
   私は看護士を続けたい
   I am a nurse. → be a nurse → being a nurse
   看護士をしている
   ※ I want to be a nurse.
     私は看護士になりたい 未来志向
 (3) I like being here.
   私はここにいるのが好きだ
   I am here. → be here → being here
   ここにいる
   ※ I want to be here.
     私はここにいたい 未来志向
 (4) I don't like being mothered.
   私は甘やかされるのは嫌だ
   I am mothered. → be mothered → being mothered
   甘やかされている
   ※ I don't want to be mothered.
     私は甘やかされたくない 未来志向

これらは、日常英会話必須基本16動詞HTML版のbe動詞のフレーズで登場する6つのbe動詞フレーズタイプのものです。

(1) be動詞+形容詞、(2) be動詞+名詞、(3) be動詞+方位副詞、(4) be動詞+~ed形動詞フレーズ(受身形)

この教材で学んだ人たちが簡単にこのような表現ができるのは,土台がきちんと学べるからです。
さて、ファンクションメソッドはファンクションフレーズと動詞フレーズの順列・組み合わせで文を生産するので,自由な会話ができます。
つまり学習時間に応じてファンクションフレーズと動詞フレーズが定着・蓄積していくことになります。これが最も効果的で。効率的な英語・英会話学習法です。

  My boss loves being admired by young men.
  私の上司は若い男にちやほやされるのが好きだ

次回は最終のed形動詞フレーズについて述べます。
スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(英語)どうして日本人は英語音痴なのか?の最終です [ファンクションメソッドとは]




教材を購入された方からのメールを紹介します


私は、1年半位前から英会話スクールに通っています。「映画が字幕なしで見たい、道を聞かれたときにスラスラ答えられたらいいな」位の軽い気持ちで通い始めました。すっかり学生時代のことは忘れており、1からの勉強でした。

徐々に話せるようには、なっているのですが、最初考えていたよりも、あまりにも進歩が遅いのでは?と自分では思っています。
スタッフに聞いても、先生に聞いても(先生は皆外人なので細かい意志の疎通がとれません)、具体的なアドバイスはなく、ただ、ボキャブラリーが足りないの1点ばりです。
それに、レベルアップが遅くないですか?と聞いても、平均的なレベルアップのされかたですので、問題ありませんと言われるだけです。

で も、私が望んでいるのはそんな答えではありません。具体的な勉強方法と確な手応えです。今まで自分で本を買っては覚える、発音はCDを聞いて覚える等して おりました。でも、丸暗記ですので、応用が効きません。それに丸暗記ばかりですので、ほとほと嫌気がさしてきて、学生時代と同様に英語アレルギーになりそ うです。


そちらではいろいろな教材を発行されていますが,語彙力増強のために「ネイティブに選んだ62動詞HTML版」を購入します。
オンライン講座はとても励みになります。今後もよろしくお願いします。
      岡山 Tさんより
-------------------------

[今日の学習]

どうして日本人は英語音痴なのか?の最終です

日本の英語教育で英語が話せない大きな原因は、動詞だけをとりあげてその変化ばかりを教えていることとにあります。
たいがいの人は、playの動詞変化は言えるはずです。

 (1) I play tennis.
 (2) She plays tennis.
 (3) I played tennis.
 (4) She played tennis.
 (5) I don't play tennis.
 (6) I will play tennis.
 (7) I can play tennis.
 (8) I will be able to play tennis.
 (9) I have played tennis.
 (10) I am playing tennis.
 (11) I have to play tennis.
 (12) I want to play tennis.
 (13) I like playing tennis.
 (14) I enjoy playing tennis.

確かにこれだと英文を日本語に読解するには便利です。主語を訳し,「テニスを」を訳し,動詞部を訳する日本語の出来上がりとなります。

一方,世界(国際)水準は違います。
彼らは、どんな動詞フレーズも5つのパターンで使い分けようとします。playの動詞変化ではなく,play tennisの5つのパターンが頭に広がるトレーニングをするからです。もちろんこれはすべての動詞フレーズに当てはまります。

 (時制を表す動詞フレーズ)
  [1] play(s) tennis  現在形動詞フレーズ (1)(2)
  [2] played tennis  過去形動詞フレーズ (3)(4)

 (非時制を表す動詞フレーズ)
  [3] play tennis   原形動詞フレーズ  (5)〜(8)
  [4] playing tennis  ing形動詞フレーズ (14)(15)
  [5] played tennis  ed形動詞フレーズ (9)

この時制を表す動詞フレーズは現在形と過去形の肯定形(1)〜(4)だけで使われるものです。そして[非時制動詞フレーズ]の3つの配当は上のようになります。

 (1) I play tennis.
 (2) She plays tennis.
 (3) I played tennis.
 (4) She played tennis.
 (5) I don't play tennis.
 (6) I will play tennis.
 (7) I can play tennis.
 (8) I will be able to play tennis.
 (9) I have played tennis.
 (10) I am playing tennis.
 (11) I have to play tennis.
 (12) I want to play tennis.
 (13) I like playing tennis.
 (14) I enjoy playing tennis.

世界水準は,原形動詞フレーズをing形動詞フレーズ、そしてed形動詞フレーズへと変換します。
---------------
 study → studying → studied
 play tennis → playing tennis → played tennis
 go dancing → going dancing → gone dancing
 get up early → getting up early→ got up early
 make lunch → making lunch → made lunch
 eat fish → eating fish → eaten fish
 drink milk → drinking milk → drunk milk
 read the newspaper → reading the newspaper → read the newspaper
 get dressed → getting dressed → got dressed
 get undressed → getting undressed → got undressed
 watch TV → watching TV → watched TV
 go to school → going to school → gone to school
 work → working → worked
 go shopping → going shopping→ gone shopping 
 fly to France → flying to France → flied to France
 thank Bill → thanking Bill → thanked Bill

そもそも、このようにとらえると,以下のようなワンフレーズ表現で動詞フレーズが使え,それを元にしてきちんとした表現へと展開する会話では当たり前のことを体験できないことです。

  (Are you) playing tennis?
  テニスをしてるの?
  (Do you) enjoy playing tennis?
  (ふだん)テニスをして楽しんでるの?
  (Have you) ever played tennis?
  今までテニスをしたことがあるの?

have[has]がto+原形動詞フレーズを目的語にとるのがいわゆるhave[has] toの文,一方ed形動詞フレーズを目的語にとるのが現在完了形です。

  I have to play tennis.
  私は持っている (これから)テニスをすることを
  → 私はテニスをしなければならない (未来志向)

  I have ever played tennis.
  私は持っている (過去に)テニスをしたことを
  → 私は(今まで)テニスをしたことがあります (過去との関わり)

さらにbe動詞系列のed形動詞フレーズは以下のようになります。

 (時制を表す動詞フレーズ)
  [1] (am, are, is) mothered  現在形動詞フレーズ 
  [2] (was, were) mothered  過去形動詞フレーズ 

 (非時制を表す動詞フレーズ)
  [3] be mothered   原形動詞フレーズ 
  [4] being mothered  ing形動詞フレーズ 
  [5] been mothered  ed形動詞フレーズ

こ こでは、受身形のものをとりあげましたが,これは以下のlate, a nurseなとども同じです。motheredのフレーズをlateやa nurseに変えてください。[4]を使うと受身進行形となります。 I am being mothered.(今,甘やかされてるのよ)

 (1) I have ever been late.
   遅れたことがあります
   I am late. → be late → being late → been late
   遅れています
   ※ I don't want to be late.
     私は遅れたくない 未来志向
 (2) I have ever been a nurse.
   私は看護士をしたことがあります
   I am a nurse. → be a nurse → being a nurse→ been a nurse
   看護士をしている
   ※ I want to be a nurse.
     私は看護士になりたい 未来志向
 (3) I have ever been here.
   私はここにいた(来た)ことがあります
   I am here. → be here → being here→ been here
   ここにいる
   ※ I want to be here.
     私はここにいたい 未来志向
 (4) I have ever been mothered.
   私は甘やかされたことがあります
   I am mothered. → be mothered → being mothered → been mothered
   甘やかされている
   ※ I don't want to be mothered.
     私は甘やかされたくない 未来志向

これらの表現はbe動詞の5つの補語のタイプに対応するものです。

   My boss has ever been admired by young men.
  私の上司はかつて若い男にちやほやされたことがあります

日常英会話必須基本16動詞HTML版や「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版」は、このメソッドによって製作されているので日常会話に不可欠なファンクションフレーズと16の動詞フレーズが学習できます。

スポンサードリンク






[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会


スポンサードリンク

(英会話)「行為や状態はひとまとまりのもの」という発想 [ファンクションメソッドとは]



[今日の学習]

今回から,少し観点を変えてファンクションメソッドについての学習です。動詞フレーズを元にしてどう表現展開をしていくか、その方法について述べます。

 ○be動詞の変化 
 [1] 現在形   [2] 過去形  [3] 原形 [4] 現在分詞 [5] 過去分詞
  am, are, is  was, were  be    being   been 

 ○一般動詞のcall変化 
 [1] 現在形   [2] 過去形  [3] 原形 [4] 現在分詞 [5] 過去分詞
  call(s)     called   call   calling   called

  (1) 現在形動詞フレーズ (2) 過去形動詞フレーズ
  (3) 原形動詞フレーズ (4) ing形動詞フレーズ (5) ed形動詞フレーズ

ネイティブでもそうだし、私たちと同じ非英語圏の人たちは動詞単体の変化ではなく,動詞が導く補語や目的語をひとまとまりのもの、つまりフレーズとしてとらえ、それをどう使って実際に表現するか,そのトレーニングをするのが常識です。
どんな動詞フレーズも動詞の変化に応じて5つのパターンを持ちます。

  (1) 現在形動詞フレーズ (2) 過去形動詞フレーズ
  (3) 原形動詞フレーズ (4) ing形動詞フレーズ (5) ed形動詞フレーズ

以上の5つの動詞フレーズと結びついて,様々な表現展開をするのがファンクションメソッドによるテーブルです。
今回は,be動詞系列と一般動詞系列の現在形のテーブルをとりあげました。
つまり[1]から[6]のはbe動詞系列、[7]は一般動詞系列のものです。
今まで説明してきたように,肯定、否定,疑問,否定疑問、付加疑問などの表現がいとも簡単にできます。

「ネイティブが選んだ62動詞編HTML版」や「サクサク瞬間英作法62動詞編」が今までの教材とはまったく異なっているのは,この「行為や状態はひとまとまりのもの」という発想で貫かれていることにあります。
この発想がきちんと身につけば,[1]から[7]のパターンの語彙をどれだけ蓄積していくこととができるか、これが本当の英会話学習なのです。

○テーブルbe動詞 現在形
table-1 


各[1]から[6]の(1)のフレーズのパターンが導かれます。

また、これらの教材では理解しやすいように,[1]は「ドンナだ文」、[2]は「ナニだ文」、[3]と[4]は「あるいる文」、[5]と[6]は「動詞フレーズを使ったドンナだ文」としています。

 [1] be動詞+形容詞 孤独だ,独りぼっちだ
  (1) (am, are, is) alone  (2) (was, were) alone      
  (3) be alone  *(4) being alone  (5) been alone 

※肯定表現は[GROUP-A]、否定表現は[GROUP-B]、疑問表現は[GROUP-C]、否定疑問表現は[GROUP-C]のファンクションフレーズを使っています。以下すべて同じです。他の主語も試してください。
ただし、[2]のものだけは主語がWe,Theyなど複数形となると基本的に補語も複数形となります。We are cooks.

  She is alone. 孤独だよ
  She isn't alone. 孤独じゃないよ
  Is she alone? 孤独なの?
  Isn't she alone? 孤独じゃないの?

 [2] be動詞+名詞 料理人をしている
  (1) (am, are, is) a cook  (2) (was, were) a cook      
  (3) be a cook  *(4) being a cook  (5) been a cook  

  She is a cook. 料理人をしてるよ
  She isn't a cook. 料理人をしてないよ
  Is she a cook? 料理人をしてるの?
  Isn't she a cook? 料理人をしてないの?

 [3] be動詞+方位副詞 ここにいる
  (1) (am, are, is) here  (2) (was, were) here      
  (3) be here  *(4) being here  (5) been here 

  She is here. ここにいるよ
  She isn't here. ここにいないよ
  Is she here? ここにいるの?
  Isn't she here? ここにいないの? 

 [4] be動詞+前置詞+名詞 入院している
  (1) (am, are, is) in hospital  (2) (was, were) in hospital      
  (3) be in hospital  *(4) being in hospital  (5) been in hospital 

  She is in hospital. 入院してるよ
  She isn't in hospital. 入院してないよ
  Is she in hospital? 入院してるの?
  Isn't she in hospital? 入院してないの? 

 [5] be動詞+ing形動詞フレーズ(進行形) 彼女に電話している
  (1) (am, are, is) calling her  (2) (was, were) calling her      
  (3) be calling her  *(4) being calling her  (5) been calling her 

  She is calling him. 彼に電話してるよ
  She isn't calling him. 彼に電話してないよ
  Is she calling him? 彼に電話してるの?
  Isn't she calling him? 彼に電話してないの? 

 [6] be動詞+ed形動詞フレーズ(受身形) 彼女に電話をもらう
  (1) (am, are, is) called by her  (2) (was, were) called by her      
  (3) be called by her  ※(4) being called by her  (5) been called by her 

  She is called by him. 彼に電話もらってるよ
  She isn't called by him. 彼に電話もらってないよ
  Is she called by him? 彼に電話もらってるの?
  Isn't she called by him? 彼に電話もらってないの? 

○テーブル一般動詞 現在形
table-1

 
[7]の(1)のフレーズのパターンが導かれます。

 [7] 一般動詞 VO感覚 彼女に電話する
  (1) call(s) her  (2) called her      
  (3) call her  (4) calling her  (5) called her  

  She calls him. (ふだん)彼に電話してるよ
  She doesn't call him. (ふだん)彼に電話してないよ
  Does she call him? (ふだん)彼に電話してるの?
  Doesn't she call him? (ふだん)彼に電話してないの? 
        
続きます。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。 



ファンクションメソッド英語研究会教材販売カート
「ネイティブが選んだ日常会話」ダウンロード販売

ネイティブが選んだ日常会話」音声CD付き郵送販売
 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞「ダウンロード販売 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞音声CD付き郵送販売


【お知らせ】
「今まで配信してきた「どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか」と「国際水準の英会話学習法」の2つのプログは以下で配信することになりました。

ブログ「今日の英会話学習情報 もっと自由に英語を話したい

【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧受講者の方には専用ブログのIDpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500 イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売 
DL Marketで購入(登録)

スポンサードリンク





 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
ファンクションメソッド研究会

スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ファンクションメソッド 語彙力増強教材と電子出版本 English Trekking教材その1 [ファンクションメソッドとは]



ファンクションメソッドEnglish Trekking教材とは?
● 実際に使える語彙力を増す
ネイティブの子供たちは幼い頃からことばをフレーズとして蓄えていきます。一方私たちは彼らと同じ体験をすることは不可能です。 Holistic Approachは、これは部分部分ではなく全体的にとらえるアプローチのことです。この教材はそれに基づいて製作されていますが、これは日本語の発想からではなく、英語の発想で英語をとらえるといういわば当たり前のことを可能にします。これによって、日本語の発想からではなく、英語の発想で「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲をしっかりと身につけることができます。 「ことば」の学習というものは、なるべく多くの用例を体験し、それによって自分なりのイメージを作り上げる作業が何より大切です。これによっていつの間にか、日本語が消え、知らず知らずの間に英語の発想を身につけている自分を発見することになります。 当教材は、約20年間にわたってた日常頻繁に登場する文例やTOEICなどの模擬テストに登場した例文を蓄積したものです。したがって日常会話はもちろんのこと、それらの表現が多用されるTOEIC試験やTOEFL試験対策にも大きな力をもたらします。



● なぜTREKKING(トレッキング)か?(誰もが知っている単語を徹底的に使いこなす)日常会話に必須とされる動詞は、たった96の動詞です。いわば日本語の当用漢字のようなものです。その個々の動詞という間口をせばめて英語を攻略するメソッドは、日本語の発想からではなく、英語発想に身を置くことが可能になります。それら一つ一つの動詞の守備範囲と応用範囲を確実に身につけるのが「自由な会話」に結びつきます。「例文をこんなにたくさん暗記できない」といった声が寄せられることがあります。しかしこの教材は決して一文丸暗記をすすめているわけではありません。例えば、be goodの表現が、get goodseem goodlook goodfeel goodappear goodなどと展開したり、イディオムでもbe outが、get outgo outcome outtake outmake outなどと展開します。このように関連づけると英語は「ことば」としてとても覚えやすくなります


クリックすればサンブルがご覧になれます。
  http://function.d.dooo.jp/s-Trecking-funda/index.html

enjoyの意味はさほどむずかしくありません。「~して楽しむ」というのが一般的ですが、「楽しく~する」ととらえる場合もあることに注意してください

enjoy動詞フレーズ】
(1) Enjoy a break!
  楽しく休憩しなさい!
(2) enjoy a holiday
  休暇を楽しむ
(3) I am enjoying my holiday.
  私は休日を楽しんでいます
(4) I was enjoying my vacation.
  私は休暇を楽しんでいました
(5) enjoy one's summer
  楽しく夏を過ごす
(6) We enjoyed this year.
  私たちは今年は楽しく過ごしました
(7) Are you enjoying the New Year?
  あなたは楽しく新年を過ごしていますか?
(8) You enjoyed your trip, I hope.
  ご旅行楽しかったことでしょうね
(9) enjoy Sundays
  楽しく日曜日を過ごす
(10) enjoy comic books
   漫画の本を楽しむ
(11) enjoy Japanese food
   日本料理を楽しむ
(12) enjoy one's vegetables
   楽しく野菜を食べる
(13) enjoy one's job
   楽しく仕事をする
(14) enjoy one's letter
   楽しく手紙を読む
(15) enjoy the party
   パーティーを楽しむ
(16) You can enjoy the pictures.
   みなさんはその絵を楽しむことができます
(17) enjoy the race
   競技を楽しむ
(18) enjoy sports
   スポーツを楽しむ
(19) Enjoy your drink!
   飲んで味を楽しんでください!
(20) enjoy the dinner
   夕食を楽しむ
(21) enjoy sleep
   楽しく眠る
(22) I enjoyed our English lessons.
   私は楽しくあなたの英語の授業を受けました
(23) Did you enjoy your homeroom meeting?
   あなたはホームルームを楽しく過ごしましたか?
(24) enjoy the music
   音楽を楽しむ
(25) enjoy the cinema[movie]
   映画を楽しむ
(26) He did not enjoy the film but was determined to see it out.
   彼はその映画はおもしろくなかったが、終わりまで見ることを決めた
(27) The audience was[were] enjoying the puppet show.
   観客は人形芝居を楽しんでいた
(28) Enjoy the view, please!
   どうか景色を楽しんでください!
(29) Drivers can't enjoy the scenery.
   運転手は景色を楽しむことはできません
(30) We can enjoy the same lakes today.
   私たちは今日同じ湖を見て楽しむことができます
(31) I have enjoyed the beautiful hills and lakes.
   私は美しい丘や湖を楽しみました
(32) enjoy the show
   ショーを楽しむ
(33) enjoy the conversation
   会話を楽しむ
(34) I have enjoyed the clouds and the rain.
   私は雲や雨を楽しみました
(35) enjoy the heat
   暖かさを楽しむ
(36) We enjoyed the sunshine.
   私たちは日向ぼっこをした
(37) enjoy books written in English
   英語で書かれた本を楽しむ
(38) I very much enjoyed his company.
   私は彼と一緒に過ごしてとても楽しかった
(39) We all enjoyed each other's company.
    私たちはみんな互いに同伴者と楽しく過ごした
(40) Enjoy life while you may!
   できるうちに人生を楽しみなさい
(41) Are you enjoying your life?
   あなたは人生を楽しんでいますか?
(42) I enjoy myself.
   私は愉快に過ごしています
(43) When you come on leave we must enjoy ourselves.
   あなたが休暇で来られたら、楽しまなくては
(44) I enjoy good health.
   私は丈夫[達者, 元気]です
(45) We enjoy very good health.
   私たちはとても健康に恵まれている
(46) I quite enjoyed it.
   私はなかなか楽しかった、非常に]楽しかった(米)
(47) I've enjoyed it.
   私はそれを楽しみました
(48) They enjoy it!
   彼らは楽しんでるんだね!
=========================

ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5 HTML版
● RealPlayerで閲覧できます。PCなどの所収されている様々プラウザ(safariGoogle ChromeFire Foxなど)でも可能。
※ENGLISH TREKKING教材をPDFに変換したイメージトーニング教材を含んでいます。

● PDF文書()Adebe Readerはもちろんのこと、safariGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。ブリントアウトが可能です。



【お知らせ】
当ファンクションメソッドの研究会のショッビングカートが変わります。
以下の決済方法が加わりました。当研究会発行の電子書籍(E-BOOKS)が容易に入手できるようになりました。
クレジットカード決済/コンビニ決済・Pay-easy/銀行振込/ドコモ ケータイ払い  /auかんたん決済/au WALLET
  https://function2.thebase.in


 English Trekking教材 ダウンロード販売  
  https://function2.thebase.in/items/12989592

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座
私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているGoogle Chromeのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF 
○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF 
○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF  
○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF 
○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF 
○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版 
○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
○参考教材「ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1~Vol.5 」HTML版 
オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.http://jet2020.blog.so-net.ne.jp
ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座登録方法
当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができるということです。

当オンライン講座語彙力増強サポートプログ「国際水準の英会話学習法」の全記事を閲覧可能
受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。

当研究会新ショッビングカート ダウンロード販売
クレジットカード決済/コンビニ決済・Pay-easy/銀行振込/ドコモ ケータイ払い  /auかんたん決済/au WALLET
https://function2.thebase.in


スポンサードリンク




 ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
 
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

 ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

 ☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策


[当研究会からのお知らせ]
当研究会からのお知らせ
 
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
 

スポンサードリンク

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - ファンクションメソッドとは ブログトップ